SARS-CoV-2に対するシクロデキストリンの最近のレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近の研究では、SARS-COV-2の感染メカニズムにおける膜脂質の役割が強調されている。細胞膜のコレステロールが豊富な部分は、ウイルスが宿主細胞にドッキングする場所として機能している。コロナウイルス2は、脂質のエンベロープを持つウイルスファミリーの一員で、エンドサイトーシスによって宿主細胞と融合し、その成分を細胞内に取り込む。In vitroの細胞モデルでは、シクロデキストリン、特にメチルβシクロデキストリンによってコレステロールを枯渇させると、このように宿主細胞の膜脂質組成が乱れ、ウイルスのタンパク質受容体への付着が減少することが示されている。[1]

スタチンやメチル-β-シクロデキストリン(MβCD)などのコレステロール結合剤は、コレステロールに影響を与え、脂質ラフトの崩壊を引き起こし、結果としてコロナウイルスの接着や結合を阻害する。さらに、これらの化合物は、ウイルス感染の鍵となる下流の分子をブロックし、炎症性分子(腫瘍壊死因子α(TNF-α)、インターロイキン(IL)-6)のレベルを低下させ、ウイルスの複製とクリアランスの両方に関与するオートファジープロセスに影響を与える。さらに、シクロデキストリンは、さまざまな薬物との複合体を形成してホスト・ゲスト包接体を作ることができ、バイオアベイラビリティーや溶解性を向上させることで、ロピナビルやレムデシビルなどの抗ウイルス化合物の医薬品賦形剤として利用できる可能性がある。結論として,コロナウイルスが宿主細胞に侵入する過程で脂質ラフトに影響を与える薬剤が役割を果たしていることは,コロナウイルスに対する薬理学的アプローチに新たな課題を導入することを促している。[2]

ニーマンピックC型(NPC)疾患原因遺伝子(NPC1)は,フィロウイルスの受容体(エボラ出血熱など)として,またLE/L脂質輸送を介して,ウイルス感染と強く関連している。このことから、NPC1阻害剤やNPC疾患模倣剤は、抗SARS-CoV-2剤として機能する可能性がある。幸いなことに、前臨床試験において、NP-C病を引き起こすことなく抗ウイルス活性を誘発する、そのような臨床的に承認された分子がある。NPC1を阻害すると、脂質に依存したいくつかのメカニズムによってウイルスのSARS-CoV-2への感染性が損なわれ、ウイルスの感染に最適な微小環境が阻害されると考えられる。[3]

参考文献

1 Sofiane Fatmi 1, Lamia Taouzinet 1, Mohamed Skiba 2, Mokrane Iguer-Ouada (2021) The Use of Cyclodextrin or its Complexes as a Potential Treatment Against the 2019 Novel Coronavirus: A Mini-Review. Curr Drug Deliv 18(4):382-386. doi: 10.2174/1567201817666200917124241.

2 Maurizio Sorice, Roberta Misasi, Gloria Riitano, Valeria Manganelli, Stefano Martellucci, Agostina Longo, Tina Garofalo, Vincenzo Mattei (2021) Targeting Lipid Rafts as a Strategy Against Coronavirus. Front Cell Dev Biol 8:618296. doi: 10.3389/fcell.2020.618296.

3 Stephen L Sturley, Tamayanthi Rajakumar, Natalie Hammond, Katsumi Higaki, Zsuzsa Márka, Szabolcs Márka, Andrew B Munkacsi (2020) Potential COVID-19 therapeutics from a rare disease: weaponizing lipid dysregulation to combat viral infectivity. J Lipid Res 61(7):972-982. doi: 10.1194/jlr.R120000851

コメント

タイトルとURLをコピーしました