SPORANOX vs SCEMBLIXの戦闘:HPBCDがレフェリー?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SCEMBLIX(アスシミニブ)は、2種類以上のチロシンキナーゼ阻害剤による治療歴のある慢性骨髄性白血病の成人患者を適応症としている。2021年10月にFDAより承認されている。

SCEMBLIXの米国処方情報には、次のように書かれている。

SCEMBLIXとヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンを含むイトラコナゾール内用液との併用は、アスシミニブのCmaxおよびAUCを低下させ、SCEMBLIXの効果を低下させる可能性がある。ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンを含むイトラコナゾール内用液とSCEMBLIXの併用は、推奨用量を問わず避ける必要があるが、イトラコナゾール内用液以外のヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン含有内用液とSCEMBLIXの併用については、十分に検討されていない。

英国Medicines & Healthcare products Regulatory Agencyは、この問題の根本的な原因を指摘する上でより明確になっている。

ヒドロキシプロピルβシクロデキストリンを賦形剤とする経口医薬品の併用により、アスクイミンのバイオアベイラビリティが低下する可能性がある。

AsciminibとHPBCDの相互作用を完全に解析することで、薬物の吸収を妨げるメカニズムと結合の強さについて興味深い知見が得られると思われる。HPBCDが浸透阻害賦形剤として記述されることはほとんどない。

出典

https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2021/215358s000Orig2lbl.pdf

Asciminib Treatment protocol Information for healthcare professionals

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました