Veklury®(Remdesivir)とSARS-CoV-2 Omicron Variantに関するGilead社のステートメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギリアド社は、現在入手可能なOmicron変異体の遺伝子情報を分析した結果、以前のSARS-CoV-2変異体と比較して、ウイルスのRNAポリメラーゼに新たな有病率の高い変異がないことを発見した。このことから、Veklury®(remdesivir)はOmicron variantに対して引き続き有効であると考えられ、Gilead社はこの分析結果を確認するための実験を行う予定である。

Vekluryは、ウイルスのRNAポリメラーゼを標的として、感染した細胞内でのSARS-CoV-2の複製を直接阻害する。南アフリカ、アジア、ヨーロッパから分離されたものを含む、200以上の入手可能なオミクロン・バリアントの配列の初期遺伝子解析の結果、オミクロン・バリアントには、以前のバリアントと比較してSARS-CoV-2ウイルスのRNAポリメラーゼを変化させると予想される新たな変異は存在しないことが判明した。このことから、VekluryはOmicron variantに対して引き続き有効であると考えられ、Gilead社はOmicron variantの追加の遺伝子配列が入手可能になった場合、引き続き解析を行う予定である。Gilead社は、Vekluryの潜在的な有効性について迅速かつ透明性のある最新情報を確保するために、このような分析を行っている。

遺伝子解析に加えて、Gilead社は、in vitro抗ウイルス試験を通じて、同定されたSARS-CoV-2の亜種に対するVekluryの活性を実験的に評価し続けている。Vekluryの抗ウイルス活性は、アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、イプシロンを含む、これまでに確認されたSARS-CoV-2の主要な亜種すべてに対してin vitroで確認されている。ウイルスのRNAポリメラーゼの類似性から、これらの実験結果は、VekluryがOmicronバリアントに対しても引き続き有効であることを示唆しており、Gilead社はこの分析結果を確認するための実験を行う予定である。

Gilead社は、政府や学界の専門家と協力して、ウイルスの分離株を入手し、Omicronバリアントに対するVekluryの抗ウイルス活性のin vitro実験を行っているが、これにはさらなる時間が必要である。試験が完了し次第、ギリアド社はそのデータを規制当局、治療中の医師、公衆衛生当局と共有する予定である。

現在までのところ、既知のSARS-CoV-2の懸念変異体および注目変異体のいずれにおいても、ベクルリーが標的とするウイルスのRNAポリメラーゼを大きく変化させるような遺伝子の変化は確認されていまない。対照的に、確認されたすべてのバリアントは、ウイルスの外表面にあり、すべての中和抗SARS-CoV-2抗体の標的となるSARS-CoV-2スパイクタンパク質の異なる位置に変異を示している。

Vekluryは、世界約50カ国で承認または一時的な使用が認められている。Vekluryとジェネリックのレムデシビルは、当社の自主的なライセンスプログラムにより、127の中・低所得国の650万人を含む、世界の900万人の患者に提供されている。

Vekluryは、COVID-19で入院している人々の治療に用いられる抗ウイルス剤の標準的な治療法である。Vekluryは、重症度の範囲内で疾患の進行を抑え、入院患者の早期回復を可能にすることで、限られた病院のリソースを解放し、医療システムのコストを削減することが可能である。Vekluryは、Vekluryまたはその成分にアレルギーのある患者には禁忌である。Vekluryのその他の重要な安全性情報については、以下を参照すること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました