スポンサーリンク

β-CDを使ったミツバチの健康増進について

農業
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミツバチは自然の生態系や現代農業に欠かせない存在であるが、そのコロニーは世界的に崩壊しつつある。アメリカでは、1947年から2008年の間にミツバチのコロニー数が60%減少している。ミツバチのコロニー数は1947年から2008年の間に60%減少しているが、その原因は、ミツバチが採食している農作物に使用されている化学農薬や除草剤など、さまざまな要因によって死滅している。研究によると、これらの物質は直接的な毒性を持っていたり、一般的に蜂の巣を弱めたりすることがわかっている。

クロチアニジンやイミダクロプリドなどのネオニコチノイド系殺虫剤は、広く使用されている神経活性殺虫剤である。これらの化合物は部分的に水溶性であり、取り込まれて植物全体に分布する。これらの植物の周りを採餌するミツバチは花粉や花蜜に接触し、ほとんどの場合、死に至る。ミツバチの巣はまた、ピレスロイドと有機リン酸塩と寄生虫に対して処理される。これらは、ミツバチや蜂の巣製品に存在する最も一般的な汚染物質である。これらの化合物の急性投与量は毒性はないが、コロニーの一般的な健康状態は低下する。

新規発明[1]によれば、シクロデキストリン(CD)複合体は、ハチの巣に対する化学物質曝露の影響を低減することができる。この組成物は、シクロデキストリン、担体、および任意にビタミンおよび/または栄養素を含む。

メチル-β-シクロデキストリン(MBCD)とヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPBCD)が使用されており、有機リン酸塩、ピレスロイド、ネオニコチノイド系殺虫剤に良好な結合性を示す。健康な成体の働き蜂のミツバチをMBCDで処理すると、ミツバチの寿命が延びるように作用し、測定された負の影響はない。ミツバチには、50% ショ糖を充填したシリンジを用いて、ハチ 1 匹あたり 1、10、または 100 pg の MBCD を 1 週あたり投与した。10 pg/ ハチあたり MBCD を投与すると、最大の保護効果が得られ、驚くべきことに寿命の中央値が 32 日から 40 日に延長された。効果の減少が観察されたことから、MBCD の投与量の上限は約 100 pg/ ハチであると考えられる。

特別な処理を行わなかった群(シュガーシロップサプリメントのみ)では約 50%のコロニーが消失した。アミトラズ(現在の業界標準のダニ防除剤)のみを投与した群では、約 20% のコロニーが消失した。HPBCD は単独で約 30% のハイブの損失を減らすことができた。驚くべきことに、アミトラズと HPBCD の両方を併用しても、コロニーの損失は観察されなかった。

担体は、ハチを引き付けるように作用し、ハチが組成物を確実に摂食するようにする。混合物のための好ましい処方は、例えば、ミツバチの食餌用シロップ、スプレー、およびハチが組成物にアクセスするために噛み切ることができるストリップを含む。

本発明の組成物は、ミツバチの全体的な幸福度を高める1種以上のビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど)、ミネラル、栄養素、脂溶性成分をさらに含有する。

CD含有組成物は、ミツバチによって容易に消費され、殺虫剤、農薬、ウイルス、寒冷地、およびおそらく生息地の損失や劣化、気候変動などの潜在的に有害な生物学的および生物学的脅威からの保護効果だけでなく、寿命の有意で驚くほど予想外の増加を提供する。

“ミツバチが地球上から姿を消した場合、人間は4年しか生きられない”

アルバート・アインシュタイン

[1]  WO2021011568 – Compositions and methods for improved honey bee health

写真:Ferenc Medve

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました