コレステロールキレート剤、腎疾患用HPβCD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腎臓における細胞内脂質の蓄積が腎臓病の病態や進行に寄与していることを示す証拠が増えてきている。脂質の蓄積は、腎臓病の遺伝的起源と非遺伝的起源の両方で観察される。3つの異なる腎臓病の動物モデルから得られたデータから、2-ヒドロキシプロピル-βシクロデキストリンは、細胞内脂質を減少させ、腎臓の構造的損傷を防ぎ、機能を回復させることが実証されている。

Zyversa社は、これらの結果に基づき、腎臓病の治療薬として2-HPβCDの世界的な権利をライセンスした。研究を主導したのは、マイアミ大学ミラー医学部腎臓内科・高血圧科カッツファミリー部門の教授兼チーフであるAlessia Fornoni博士。FSGS患者を対象とした第2a相試験は2020年に開始される予定だった。

慢性腎臓病患者では、血液中のコレステロール値が高い(高コレステロール血症)、腎臓内にコレステロールが蓄積するなどの脂質異常がよく見られる。最近の研究では、腎臓病の病因や進行に寄与しているのは、血液中のコレステロールではなく、腎臓内のコレステロールの上昇であることが示唆されている。

2-HPβCDは、未処理の糖尿病マウスと比較して、腎皮質内の総コレステロールを有意に減少させた。これは腎障害の有意な減少と関連していた。2-HPβCDによる細胞内腎脂質の減少は、糸球体損傷と腎機能障害を予防し、2-HPβCDが疾患修飾治療の選択肢となる可能性を示唆している。この結果は、3種類の腎臓病(糖尿病性腎症、FSGS、アルポート症候群)を代表する動物モデルを用いたin vitro試験とin vivo試験で一貫している。

Abourt Zyversa:

ZyVersa 社は、高度な独自技術を活用してファーストインクラスの医薬品を開発する臨床段階のスペシャリティバイオ医薬品企業。臨床パイプラインには、孤児腎疾患、焦点性細分化糸球体硬化症(FSGS)の治療のためのコレステロール排出メディエーターであるフェーズ2a-VAR 200、および多発性炎症性疾患への可能性を持つ新規炎症酵素阻害剤が含まれている。

製品パイプラインは、600億ドル以上の抗炎症薬市場と130億ドル以上の腎薬物市場をターゲットとしている。主力の腎薬物候補は、2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(2HPβCD)であり、前臨床試験で腎臓のろ過システムの構成要素であるポッドサイトからのコレステロールの除去を促進し、ポッドサイトの損傷や腎疾患の進行を遅らせることが実証されているコレステロール排出メディエーターである。

続きを読む

Renal Lipids in the Pathogenesis of Kidney Disease, and the Role of 2-Hydroxypropyl-β-Cyclodextrin as
a Potential Treatment Option. https://www.zyversa.com/renal-lipids/white-paper-renal-lipids-in-the-pathogenesis-of-kidney-disease

コメント

タイトルとURLをコピーしました