サイクロデキストリンによる外細胞および内細胞の消失に伴う音響驚愕反射の振幅の時間および周波数依存的な変化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音響的驚愕反射(ASR)振幅は、騒音性難聴や加齢性難聴によって増強または抑制される。しかし、耳毒性薬剤によって外毛細胞(OHC)や内毛細胞(IHC)が破壊されるとASRがどう変化するかについてはほとんど分かっていない。ニーマン・ピック病C1型の治療に用いられるコレステロール低下剤である2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPβCD)の高用量は、まずOHCを破壊し、6-8週間後にIHCを破壊する。成体ラットに、多様な有毛細胞病変と難聴を引き起こすように設計されたHPβCDの投与量を与えた。HPβCDが蝸牛最下部のOHCとIHCを破壊し、最小限の高周波難聴を引き起こしたとき、ASR振幅は4kHz、8kHz、16kHzで増強された。ASRの増強は、OHCのみが欠損した治療後最初の数週間に起こり、治療後6-8週目にはASRにほとんど変化は見られなかった。HPβCDが蝸牛の基底部半分のほとんどのOHCと多くのIHCを破壊した場合、高周波閾値は約50dB増加し、ASR振幅は4、8、16kHzで約50%減少した。ASR振幅の減少は、OHCが変性する治療後の最初の数週間に生じた。ASRは、蝸牛の基底部3分の2のOHCのほとんどが欠損し、ほとんどの周波数で40〜50dBの難聴が存在するようになると、ほとんど消失した。これらの結果は、HPβCDの高用量投与は一般にOHCの退化に伴ってASR振幅の低下をもたらすが、有毛細胞の欠損が蝸牛の極底部に限定されている場合にはASR振幅が増大することを示すものである。

Celia Zhang, Dalian Ding, Wei Sun, Bo Hua Hu, Senthilvelan Manohar, Richard Salvi (2022)
Time- and frequency-dependent changes in acoustic startle reflex amplitude following cyclodextrin-induced outer and inner cell loss, Hearing Research, 415, 108441, https://doi.org/10.1016/j.heares.2022.108441.

コメント

タイトルとURLをコピーしました