シクロデキストリンによるインスリン療法の改善

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近公開された特許出願(US20210113666 – Systems, Methods and Products for Minimizing Tissue Reactions and Tissue Injury at an Infusion Site by Cell and Molecular Tissue Engineering, LLC)では、インスリン療法にシクロデキストリンを使用することの利点がいくつか述べられています。

1.) 本発明は、フェノールとm-クレゾールを(少なくとも部分的に)置き換えて、液体インスリン製剤中の防腐剤の濃度を低下させる方法について論じている。インスリンポンプ療法中、フェノールとm-クレゾールは、in vivoで注入部位の細胞死と炎症反応を誘発する可能性があるが、異なるシクロデキストリンを使用することで低下させることができることが強調されている。

2.) 本願はさらに、液体インスリン組成物から防腐剤を除去する方法であって、イオン交換樹脂およびシクロデキストリンポリマーまたはビーズの少なくとも1つを注入セットに組み込むことを含む方法を記載している(すなわち、組織への注入の直前にフェノール製剤を除去する)。

3.) 本発明者らは、シクロデキストリンがインビトロでのプロテアーゼ分解からインスリンを保護することができるという先行技術の開示から、その方法に付加価値をもたらすことを望む。

写真はこちらです。Alden Chadwick

コメント

タイトルとURLをコピーしました