スポンサーリンク

シクロデキストリンの歴史:デクスター・フレンチのシクロアミロース/シクロデキストリンとデンプン科学への貢献

教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

デクスター・フレンチ教授(1918-1981)は、アイオワ州立大学(1959年大学)のアメリカ人化学者・生化学者。彼はそのキャリアを多糖類とオリゴ糖、特にデンプン、シクロデキストリン、酵素の知識を深めることに捧げた。1960年代以降、デンプンとシクロデキストリンの分野で卓越した権威として認められ、世界中の研究室の研究者を鼓舞してきた。没後40周年を迎えた本書は、彼のデンプンおよびシクロデキストリン化学への顕著な貢献を記念したものである。

・1942 年、フレンチ教授はシクロアミロースの命名法を導入した。
・1950 年代には、教授フレンチは、シクロデキストリン化学に顕著な貢献をした。
・1957年に彼はシクロデキストリンの潜在的な毒性について発表したが、後に反論された。
・フレンチ教授は、大環状のシクロデキストリンを予測した。

Crini, G., French, A.D., Kainuma, K., Jane, J.-L., Szente, L. 2021 Contributions of Dexter French (1918–1981) to cycloamylose/cyclodextrin and starch science. Carbohydrate Polymers 257,117620.
https://doi.org/10.1016/j.carbpol.2021.117620

コメント

タイトルとURLをコピーしました