シクロデキストリン-医薬品製剤の熱力学的制約からの脱出

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Drug Development and Delivery誌に、賦形剤に関する記事が掲載された。SPECIAL FEATURE – Excipients: Far From Inactive」と題して、様々な賦形剤の特性をまとめている。

BENEOの製薬チームは、30秒以内に口腔内で崩壊する2mmのオロジン分散性ミニタブレットの製造にガレンIQをどのように使用するかなど、いくつかの新しい製薬技術におけるガレンIQの使用を研究している。

CycloLab社の2つの例では、薬物の結晶化速度が低いため、合理的な時間制限内に組成物を投与できるような過飽和溶液を調製する方法を示している。まず、ヒドロキシプロピルベタッテクス(HPBCD)は、エタノールに溶ける特異なCDである。エタノールに可溶なゲスト薬物分子は、HPBCDと共通のエタノール溶液中で共同処理されるかもしれない。また、イオン性のCDであるベタデキス スルホブチルエーテルナトリウム(SBECD)は、pHに依存して可溶化能が大きく変化するため、これを利用して複合体を形成することができる。また、ネイティブなアルファ、ベータ、ガンマCDが安定性の低い恒常的な相互作用に対処するためには、ポリマーやヒドロキシ酸のような第三成分を適用する方法がある。

口腔内で30秒以内に崩壊するダイセルの口腔内崩壊錠(ODT)は、子供たちに好まれる選択肢である。

Gattefossé社のGelucire®シリーズは、固体自己乳化型ドラッグデリバリーシステム(SEDDS)や低温溶融押し出し法向けの多機能性賦形剤である。

信越化学工業の賦形剤の、AQOAT(Hypromellose Acetate SuccinateまたはHydroxypropyl Methylcellulose Acetate Succinate (HPMCAS))とL-HPC(Low substituted Hydroxypropyl Cellulose)も紹介されている。

続きを読む: https://drug-dev.com/special-feature-excipients-far-from-inactive/

コメント

タイトルとURLをコピーしました