スルホブチルエーテル-β-シクロデキストリンとクリシンの包接複合体

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KulkarniとBelgamvarの研究[1]は、溶解性の悪いポリフェノールクリシン(CHR)の溶解度、溶解性、pH安定性に対するスルホブチルエーテル-β-シクロデキストリン(SBE-β-CD)複合体の影響を凍結乾燥法で実証した。クリシンはフラボノイドの一種で、カモミールのようないくつかの薬用植物の成分で、ハチミツ、様々な果物や野菜、ニンジンなどにも含まれてる。クリシンは、溶解度とバイオアベイラビリティが低いという欠点を有しているため、改善が必要である。

[1] Abhijeet Kulkarni, Veena Belgamwar (2020) Inclusion complex of chrysin with sulfobutyl ether-β-cyclodextrin (Captisol®):Preparation, characterization, molecular modeling and in vitro  anticancer activity. Journal of Molecular Structure 1128. DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.09.025

コメント

タイトルとURLをコピーしました