スポンサーリンク

セドール社、成人および小児のてんかん患者を対象とした「SESQUIENT™」(一般名:ホスフェニトインナトリウム)のFDA承認を取得

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Sedor Pharmaceuticals, LLC(以下、セドール社)は2020年11月9日、米国食品医薬品局(FDA)が成人および小児における状態性てんかんの治療薬として「SESQUIENT」(注射用ホスフェニトインナトリウム)を承認したと発表した。

神経危機管理学会のガイドラインによると、5分以上持続する単一のてんかん発作、または5分以内に2回以上の発作と分類されるてんかん状態は、発症後60分以内に発作を停止させないと不可逆的な脳障害や死亡に至る可能性があるため、迅速な治療が必要とされている。すぐに希釈でき、室温で安定しているSESQUIENTは、緊急治療室、集中治療室、ファーストレスポンダー車、長期療養施設での迅速かつ効率的な投与が可能な唯一のFDA承認のホスフェニトインであり、てんかんなどの連続発作が最も一般的に治療されている。

合同会社セドールファーマシューティカルズについて

Sedor Pharmaceuticals, LLC は、商業ライセンスのための急性期医療用医薬品資産を特定、取得、開発しています。 同社は、会長兼最高経営責任者(CEO)のジョン・セドーと経験豊富な製薬専門家チームが主導しており、全員が製薬会社を設立し、株主価値を創造してきた実績を持っている。主力製品である「SESQUIENT」は、てんかんの治療薬としてFDAの承認を取得している。同社は、第2の製品である注射用メロキシカムの第I相開発を開始する準備を進めているが、手術後の急性疼痛の潜在的な治療のために、ベタデクス・スルホブチルエーテルナトリウムで可溶化されている。承認されれば、IM/IV型オピオイドに代わる、あるいは使用を遅らせることができる可能性がある。両製品はライガンド社からライセンスを受けている。

SESQUIENTについて

SESQUIENT™(注射用ホスフェニトインナトリウム)は、FDAが承認した唯一の常温安定製剤。全身性強直間代性てんかんの治療、脳神経外科手術中の発作の予防・治療、フェニトインの経口投与が不可能な場合のフェニトインの代用として、成人および小児を対象に米国でFDAの承認を取得している。詳細は、http://www.sedorpharmaceuticals.com

Sedor Pharmaceuticals Receives FDA Approval for SESQUIENT™ (fosphenytoin sodium) for the Treatment of Status Epilepticus in Adult and Pediatric Patients - SEDOR PHARMACEUTICALS LLC
Sedor Pharmaceuticals Receives FDA Approval for SESQUIENT™ (fosphenytoin sodium) for the Treatment of Status Epilepticus in Adult and Pediatric Patients Room-te...

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました