チオール化両親媒性β-シクロデキストリン装飾金コロイド。合成、超分子ナノアセンブリおよびドーパミンの放出制御

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

金コロイドにチオール化両親媒性βシクロデキストリンとドーパミンの複合体(AuNPs@SC16SH/DA)を担持したハイブリッドナノ集合体を報告する。新規両親媒性β-シクロデキストリンSC16SHは、CyD1単位あたりオリゴエチレングリコール鎖の末端に平均1個のチオール基を有する。多段階合成で得られ、NMR分光法とMALDI分析で完全に特性決定された。AuNPs@SC16SHハイブリッド集合体は、AuNPsとSC16SHを水溶液中で混合して調製し、UV/VisおよびTEM測定により検討した。AuNPs@SC16SH/DA超分子集合体は、チオール安定化金ナノ粒子と神経伝達物質であるドーパミンを内包し、適切な刺激によりドーパミンの放出を制御する刺激応答性デリバリーシステムとして構想された。2つの酸化還元機能(すなわち、Au-S結合とドーパミンの酸化還元挙動)を利用して、ジチオスレイトール(DTT)を用いてAuNPs@SC16SH/DA前駆体プラットフォームからSC16SH/DA複合体を分離し、サイクリックボルタメトリ(CV)によって複合体を検出することができるようになった。その後、Brij S20で処理すると、最終的にSC16SH/DAアセンブリからドーパミンが放出され、遊離ドーパミンはCVでモニターされた。このように、我々のハイブリッドナノアセンブリは、生体環境を模擬した媒体中で酸化還元剤と消化剤の複合作用により、ドーパミンを放出することができることが明らかになった。

Mariachiara Trapani, Angela Scala, Placido G. Mineo, Alessandro Pistone, Alejandro Díaz-Moscoso, Alex Fragoso, Luigi Monsù Scolaro, Antonino Mazzaglia: Thiolated amphiphilic beta-cyclodextrin-decorated gold colloids: Synthesis, supramolecular nanoassemblies and controlled release of dopamine. Journal of Molecular Liquids 336 (2021) 116880. https://doi.org/10.1016/j.molliq.2021.116880

コメント

タイトルとURLをコピーしました