ビリルビン/β-シクロデキストリン包接体からなる生体接着性ハイドロゲルが糖尿病の創傷治癒を促進する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

慢性的に治癒しない糖尿病性の創傷治療は重要な臨床課題である。接着性ハイドロゲルからの生理活性因子の放出を操作することは、慢性創傷を修復するための効果的なアプローチである。内因性の抗酸化物質であるビリルビン(BR)は、創傷治癒を促進することが示されている。しかし、その水溶性の低さと酸化分解性のために、その用途は限られている。

そこで、β-シクロデキストリンを用いたビリルビンの包接体(BR/β-CD)をドラッグデリバリーシステムとして構築した。さらに、BR/β-CDをチオール化ポリグルタミン酸ベースの生体接着性ハイドロゲル(BR/β-CD/SGP)に修飾することで、BRの制御放出を実現し、慢性創傷治癒を促進した。BR/β-CD包接体と生体接着性ハイドロゲルの形成は、システム的に特徴づけられた。BR/β-CD包接体はオレンジ色の粉末として現れ、水溶液に溶け、光の存在下でも安定しており、抗酸化作用と抗炎症作用を保持していた。BR/β-CD/SGPハイドロゲルは,ストレプトゾトシン(STZ)誘発糖尿病マウスの慢性創傷の閉鎖を促進した。これらの結果から、BR/β-CD/SGPハイドロゲルは、糖尿病性の創傷治癒を効果的に促進することが明らかになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました