ボリコナゾール-シクロデキストリン超分子三元複合体ロード型眼科用フィルム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルイス教授のグループは、CDとヒドロキシ酸の多成分複合体形成を利用して、ボリコナゾールの薬物動態を改善した。

真菌性角膜炎は、角膜の瘢痕化により視力に影響を及ぼす眼科真菌症の主要な原因の一つである。ボリコナゾール(VRC)は,眼真菌症治療に最も適したアゾール系抗真菌剤である。VRCは角膜に留まる時間が短いため,頻繁に投与する必要があり,患者のコンプライアンスが低下するため,眼科へのドラッグデリバリーは困難である。本研究では,シクロデキストリンとSBEBCDおよびコハク酸の三元複合体形成および粘着フィルム(ソルプラス)への組込みにより,voriconazoleの溶解性,経角透過性および有効性を向上させることを目的とした。相溶性試験の結果,VRCの溶解度は約14倍向上し,物理化学的特性からVRCがシクロデキストリン空洞に包含されていることが確認された。インシリコドッキング研究により、包接体のコンフォメーションと安定性を予測した。その結果,VRCを包接したフィルムはボリコナゾールをフィルムから徐放し,経皮透過性が4倍以上改善され,純粋なVRCフィルムが1.86μg/(cm2 h)に対して,3元包接フィルムでは8.36μg/(cm2 h)に改善されることが確認された。3-[4,5-dimethylthiazol-2-yl]-2,5-diphenyltetrazolium bromide (MTT) および hen’s egg-chorioallantoic membrane test (HET-CAM) assayにより,錯体と眼内フィルムは無刺激で眼内投与に安全であることが確認された.Aspergillus fumigatusおよびFusarium oxysporumを用いた抗真菌試験では,純粋な薬剤フィルムと比較して,抗真菌活性が向上していることが示唆された。以上より,超分子シクロデキストリン三元複合体は,真菌性角膜炎に対するボリコナゾールの溶解性,透過性を高め,抗真菌活性を増強するための有望な方法であることが証明された。

Pooja Suvarna, Pinal Chaudhari, Sumit Birangal, Lakshmi Sruthi Mallela, Sanhita Roy, Ananthamurthy Koteshwara, Jesil Mathew Aranjani, and Shaila Angela Lewis (2022) Voriconazole–Cyclodextrin Supramolecular Ternary Complex-Loaded Ocular Films for Management of Fungal Keratitis. Mol. Pharmaceutics 19, 1, 258–273. https://doi.org/10.1021/acs.molpharmaceut.1c00746

コメント

タイトルとURLをコピーしました