ポール・カレール教授(1889-1971)のデキストリンへの貢献

スポンサーリンク
スポンサーリンク
教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポール・カーラー(1889~1971)は、ビタミンの研究で知られるスイスの有機化学者で、1000以上の論文を発表している。1919年にチューリッヒ大学の化学教授となり、同年、チューリッヒの化学研究所の所長に任命され、1959年に引退するまで同研究所に在籍した。カーラーの最も有名な研究はビタミンに関するもので、おそらく最も重要な貢献は、1931年にビタミンAがカロテノイドと構造的に関連していることを示したことであろう。また、天然物、カロテノイドなどの植物色素、補酵素、アルカロイド、アミノ酸、糖類、炭水化物、多糖類、有機金属化合物などに関する重要な著作も発表している。カーラー教授は、カロテノイド、フラビン、ビタミンA、B2の構成に関する研究で、1937年にイギリスの化学者、サー・ウォルター・ノーマン・ハワースと共同でノーベル化学賞を受賞している。しかし、カーラーがシクロデキストリンに興味を持った最初の人物の一人であることを、シクロデキストリンの分野で研究している研究者はほとんどいない。カーラーは1920年から1925年にかけて、デキストリン-αおよびデキストリン-βの命名法、構造、化学に関するいくつかの研究を発表している。この歴史的レビューは、彼の没後50年を記念して、ビタミンとアルカロイドに関する研究を中心に彼の膨大な科学的キャリアを辿り、一方では(シクロ)デキストリン化学への貢献を記念することを目的としている。

Crini, G. The contribution of professor Paul Karrer (1889–1971) to dextrins. J Incl Phenom Macrocycl Chem 99, 155–167 (2021). https://doi.org/10.1007/s10847-021-01049-7

コメント

タイトルとURLをコピーしました