口腔癌とナノテクノロジーの治療的アプローチ: 基礎概念、発生率、分子メカニズムから新しい治療法まで

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レビュー[1]. 口腔癌は、最も一般的な癌であり、致死率が大きく、他の組織を攻撃することで転移を引き起こす攻撃的な癌である。癌の有病率を調べるには、患者の遺伝的素因に影響される多くの遺伝的変化と、ニコチン、アルコール飲料、慢性感染症、ウイルス汚染などの環境的影響を収集する必要があり、多段階の方法が必要となる。これらのデータは,口腔がん,分子メカニズム,治療法,ナノテクノロジーなどの焦点となるキーワードを用いて,各種検索エンジンやPubmedデータベースで検索されました。発がんの遺伝子操作には、大きく分けて、腫瘍抑制遺伝子とがん遺伝子の2種類がある。腫瘍抑制遺伝子は、突然変異、ヘテロ接合性の喪失、欠失などの遺伝的現象や、DNAのメチル化やクロマチンの動的変化などのエピジェネティックな変化によって不活性化される。がん遺伝子は、遺伝子の増幅による過剰発現、転写の促進、あるいは突然変異による構造の変化によって活性化され、形質転換作用が増強される。今回のレビューでは、ナノスケールの医療伝達システムの設計、特性評価、生産、利用など、ナノメディシンを用いたがん治療技術の向上に焦点を当てた。ナノテクノロジーを利用した治療のための診断検査機器や医療機器には、高分子ナノ粒子、ナノ構造脂質キャリア、金ナノ粒子、シクロデキストリン複合体などがあり、これらは症状の検査や治療に役立つ装置として期待されている。

このレビューでは、CDではなくグラフェンナノ粒子に焦点を当てている。CDの応用に関する論文としては、リドカイン/HPBCD [2]、クロリンe6/HPBCD [3]、およびレビュー [4]が挙げられる。

[1] Dan, S., Upadhyay, S.K., Girdhar, M., Mandal, M., Sakshi (2022) Oral carcinoma and therapeutic approaches of nanotechnology: From fundamental concepts, incidence, molecular mechanism to emerging treatment techniques. Biointerface Research in Applied Chemistry 12(3), 3900-3937. https://doi.org/10.33263/BRIAC123.39003937

[2] Luiz E N Ferreira, Gabriela B M Antunes, Bruno V Muniz, Jonny Burga-Sánchez, Nathalie F S de Melo, Francisco C Groppo, Leonardo F Fraceto, Maria C Volpato (2018) Effects of lidocaine and the inclusion complex with 2-hydroxypropyl-β-cyclodextrin on cell viability and proliferation of oral squamous cell carcinoma. Journal of Pharmacy and Pharmacology, 70, 874–882, https://doi.org/10.1111/jphp.12917

[3] Shubhajit Paul, Paul Wan Sia Heng, Lai Wah Chan (2016) pH-dependent complexation of hydroxypropyl-beta-cyclodextrin with chlorin e6: effect on solubility and aggregation in relation to photodynamic efficacy. Journal of Pharmacy and Pharmacology, 68, 439–449, https://doi.org/10.1111/jphp.12535

[4] Gharat, S. A., Momin, M., & Bhavsar, C. (2016). Oral Squamous Cell Carcinoma: Current Treatment Strategies and Nanotechnology-Based Approaches for Prevention and Therapy. Critical Reviews™ in Therapeutic Drug Carrier Systems, 33(4), 363–400. https://doi.org/10.1615/CritRevTherDrugCarrierSyst.2016016272

コメント

タイトルとURLをコピーしました