嚢胞性線維症におけるリポソーム、シクロデキストリン、中鎖トリグリセリドを用いた脂溶性ビタミン補給法。無作為化比較試験

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

嚢胞性線維症(CF)、慢性膵炎、胆道閉鎖症では、脂溶性ビタミンの欠乏が依然課題となっている。リポソームとサイクロデキストリンはそのバイオアベイラビリティを高めることができるため、この多施設共同無作為プラセボ対照試験では、膵臓不全のCF患者にリポソームまたはサイクロデキストリンと中鎖トリグリセリド(MCT)の形で3ヶ月間の脂溶性ビタミン補給を比較検討した。シクロデキストリン製剤は,γ-シクロデキストリンをベースに,一般的な食品添加物である微結晶性セルロースを配合した。

1日の投与量は以下の通りであった。パルミチン酸レチニル2000 IU,ビタミンD3 4000 IU,RRR-α-トコフェロール200 IU,メナキノン-7としてビタミンK2 200 μgであり,ビタミンEはリポソームの代わりに大豆油で投与された。ガイドラインを遵守するため、参加者全員にβ-カロテン4 mgとビタミンK1 1.07 mgが投与された。主要評価項目は,全トランスレチノール濃度,25-ヒドロキシビタミン D3 濃度,およびカルボキシル化不足オステオカルシンの割合のベースラインからの変化とした.無作為化された 75 例(n = 28 リポソーム,n = 22 サイクロデキストリン,n = 25 MCT)のうち,67 例が試験を完了し(89%;n = 26 リポソーム,n = 18 サイクロデキストリン,n = 23 MCT),年齢中央値 22 歳(IQR 19~28),肥満指数 20.6 kg/m2 [18.4-22.0] および強制呼気 1 秒量 65% (44-84%) であった.ビタミンAのリポソーム製剤は,コントロールと比較して,血清中の全トランスレチノールの改善と関連していた(中央値 +1.7 ng/mL(IQR -44.3-86.1) vs. -38.8 ng/mL(-71.2-6.8),p = 0.028).シクロデキストリンは、ビタミンD3 (+9.0 ng/mL (1.0-17.0) vs. +3.0 ng/mL (-4.0-7.0), p = 0.012) とビタミンE (+4.34 μg/mL (0.33-6.52) vs. -0.34 μg/mL (-1.71-2.15), p = 0.010) の生体内利用能を向上させました。リポソームはビタミンAのバイオアベイラビリティを増強し、シクロデキストリンは膵臓不足のCFにおいてMCTと比較してビタミンD3およびEの補給を強化する可能性があるが、リポソーム型ビタミンEの評価にはさらなる研究が必要である(ドイツ臨床試験登録番号DRKS00014295、EUおよびノルサファーマの資金提供による)。

Nowak, J.K.; Sobkowiak, P.; Drzymała-Czyż, S.; Krzyżanowska-Jankowska, P.; Sapiejka, E.; Skorupa, W.; Pogorzelski, A.; Nowicka, A.; Wojsyk-Banaszak, I.; Kurek, S.; Zielińska-Psuja, B.; Lisowska, A.; Walkowiak, J. Fat-Soluble Vitamin Supplementation Using Liposomes, Cyclodextrins, or Medium-Chain Triglycerides in Cystic Fibrosis: A Randomized Controlled Trial. Nutrients 202113, 4554. https://doi.org/10.3390/nu13124554

Picture credit: Braitwvaite et al. Int. J. Pharm2017532, 90-104. https://doi.org/10.1016/j.ijpharm.2017.08.109

コメント

タイトルとURLをコピーしました