抗生物質活性を有する新規β-シクロデキストリンポリウレタン材料

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第4級アンモニウム塩で機能化したβ-シクロデキストリンポリウレタン(QAS-β-CDPU)微粒子の作製に成功した。含塩素モノマーの割合を調整することにより,異なる4級化度(0%,20%,40%,60%)が耐溶剤性および熱安定性に及ぼす影響を検討した。Staphylococcus aureus(S. aureus)とEscherichia coli(E. coli)は,ヒトの重要な病原菌として認識されており,これらをモデル菌として,接触殺傷試験により抗菌性を検討した。また、メチレンブルー(MB)を有害有機物のモデルとして使用し、染料排水の浄化効率を定量化しました。β-シクロデキストリンとジイソシアネートを反応させると、シクロデキストリンベースのカルバミン酸ネットワーク構造が形成されることが研究で明らかになった。シクロデキストリンの空洞とカルバミン酸ネットワークの両方が色素を除去する可能性があるため、得られたポリマーは二重の利点を持っています。さらに、第4級アンモニウム基の存在により、QAS-β-CDPU微粒子は良好な殺菌性を有する。四級化度が60%の場合、QAS-β-CDPU微粒子の殺菌率は、S. aureusとE. coliに対して96%以上である。このように、QAS-β-CDPU微粒子は、シンプルで環境に優しく、経済的な合成ルートに基づいており、水の浄化における理想的な多機能材料となる可能性がある。

Chen, Y., Yan, J., Zhang, Y. et al. Synthesis, Characterization and Antibacterial Activity of Novel β-cyclodextrin Polyurethane Materials. J Polym Environ (2021).

Synthesis, Characterization and Antibacterial Activity of Novel β-cyclodextrin Polyurethane Materials - Journal of Polymers and the Environment
The advanced water treatment taken by organic micro-pollution or microbiological pollution water resource has been a hot issue of public concern. In this articl...

コメント

タイトルとURLをコピーしました