抗酸化剤と抗炎症剤の併用療法は、シクロデキストリンによる蝸牛障害と難聴の初期および後期段階を減衰させない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニーマンピックC型(NPC1)病の治療にHPβCDを大量に使用した場合の主な副作用は、外有毛細胞(OHC)の初期損傷に続いて、内毛細胞(IHC)やピラー細胞(PC)への損傷の第二波と感覚上皮の崩壊によって起こる感音性難聴である。HPβCD投与後4〜8週目に出現するIHCとPCの病変は、酸化ストレスと神経炎症が原因であると推定されたため、MIN+HK-2またはMIN+NACによる抗炎症・抗酸化複合療法が、IHCとPCをcyclodextrin耳毒から守るために有益であるかどうかを検討した。組み合わせ1は、神経炎症を抑制する抗生物質ミノサイクリン(MIN)と酸化ストレスを抑制する多機能レドックス調節物質HK-2の組み合わせであった。併用療法2は、ミノサイクリンと強力な抗酸化物質であるグルタチオンを増加させるN-アセチルシステイン(NAC)の組み合わせであった。しかし、いずれの併用療法もHPβCDによる機能低下を防ぎ、IHCとPCの変性と扁平な扁平上皮の形成は阻止できなかった。

Senthilvelan Manohar, Dalian Ding, Haiyan Jiang, Li Li, Guang-Di Chen, Peter Kador, Richard Salvi,
Combined antioxidants and anti-inflammatory therapies fail to attenuate the early and late phases of cyclodextrin-induced cochlear damage and hearing loss, Hearing Research, 414, 2022, 108409,
https://doi.org/10.1016/j.heares.2021.108409.

コメント

タイトルとURLをコピーしました