高齢者におけるコレステロールとCOVID-19による致死率

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年5月にプレプリントサーバーbioRxiv*に公開された新しい研究では、高齢であるか、あるいは高血圧、糖尿病、心血管疾患を併発しているCOVID-19患者の死亡率が著しく増加しているのは、組織コレステロール値の高さが原因であることが示唆されている。また、血中の多価不飽和脂肪酸(PUFA)がコレステロールの影響に対抗し、重度のCOVID-19症状のリスクを高めることが示されることから、健康的な食生活の役割が示されている。

Wangらは、コレステロール輸送タンパク質であるアポリポタンパク質E(apoE)を用いて血液中の血清中のコレステロールを細胞に負荷すると、偽型SARS-CoV-2の細胞内への侵入が促進されることを示した。高コレステロールを用いたSARS-CoV-2のエントリーポイントの超解像度イメージングでは、見かけの直径が著しく増大し(~10%~100nm)、ウイルスのエントリーポイントの総数がほぼ2倍になっていることが示された。コレステロールは、アンジオテンシノーゲン変換酵素(ACE2)をウイルス進入点に輸送すると同時に、SARS-CoV-2が細胞内への進入を適切に利用するためにドッキングする。さらに、コレステロールがSARS-CoV-2の細胞表面への結合を促進し、エンドサイトーシス経路との関連性を高めることを示した。メチルβ-シクロデキストリンで処理して細胞コレステロールを減少させると、逆の効果が得られた。

これらの知見と、加齢や炎症時の末梢組織へのコレステロールの負荷が知られていることに基づいて、高齢者や慢性疾患患者におけるCOVID19の致死率のコレステロール依存性モデルが構築された。コレステロールが加齢や炎症(喫煙や糖尿病など)に伴って増加すると、細胞表面はウイルスの侵入ポイントと最適に組み立てられたウイルス侵入タンパク質でコーティングされる。重要なことに、このモデルは、コレステロールの高レベルは、組織ではなく、血液中で最も警戒されていることを示唆している。実際、血中のコレステロールが急速に低下することは、末梢組織におけるコレステロールの重度の負荷を示しており、SARS-CoV-2の感染性がエスカレートする危険な状況を示している可能性がある。多価不飽和脂肪酸(PUFAs)はコレステロールの影響に対抗し、COVID19の重症化を避けるために健康的な食生活を送るための分子基盤を提供する。

Wang, H., Yuan, Z., Pavel, M.A., Hansen, S.B. (2020). Cholesterol and COVID19 lethality in elderly. bioRxiv preprint doi: https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.05.09.086249v2

コメント

タイトルとURLをコピーしました