炎症性腸疾患の標的治療に向けた共有結合性シクロデキストリン骨格の構築

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

炎症性腸疾患(IBD)の発症率や有病率は世界中で着実に増加しており、その発症や進行には酸化ストレスや不規則な高濃度の活性酸素種が本質的に関係していると言われている。IBDの効果的な治療を実現するために、H2O2活性化抗酸化プロドラッグをリンカーとして用いてシクロデキストリン金属有機骨格を架橋し、新規の過酸化水素(H2O2)応答性共有結合型シクロデキストリン骨格(BCOFと定義)を処方した。BCOFは優れた活性酸素応答性加水分解を示し、p-ヒドロキシベンジルアルコールをH2O2濃度依存的に放出し、治療効果を示した。さらに、BCOFは経口投与により、炎症性大腸において正常大腸の5倍以上の滞留性を示した。最も重要なことは、BCOFはin vitroではH2O2によるダメージからRAW264.7細胞の生存率を改善し、in vivoでは炎症の症状を軽減してIBDの悪化を緩和した。結論として、我々の発見は、BCOFがIBD治療のための潜在的な治療用ナノメディシンとしてさらに検討する価値があることを示唆するものである。

Chenxi Huang, Jian Xu, Jing Li, Siyu He, Huipeng Xu, Xiaohong Ren, Vikramjeet Singh, Li Wu, Jiwen Zhang,
Hydrogen peroxide responsive covalent cyclodextrin framework for targeted therapy of inflammatory bowel disease, Carbohydrate Polymers, 2022, 119252.
https://doi.org/10.1016/j.carbpol.2022.119252.

画像引用元:ウィキペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました