スポンサーリンク

レムデシビルの任意・無償ライセンス契約

医薬品への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギリアド社は、インドおよびパキスタンに拠点を置くジェネリック医薬品メーカー5社と非独占的なボランタリーライセンス契約を締結し、SBECDが導入されたレムデシビルの供給をさらに拡大した。この契約により、Cipla Ltd.、Ferozons Laboratories、Hetero Labs Ltd.、Jubilant Lifesciences、Mylanの5社は、世界127カ国で販売されるレムデシビルを製造することが可能となる。これらの国は、ほぼすべての低所得国と中所得国に加え、医療アクセスに大きな障害を抱える高所得国と中所得国で構成されている。

ライセンス契約の下では、両社はギリアド社のレムデシビルの製造プロセスの技術移転を受け、より迅速な生産規模の拡大を可能にする権利を有している。また、ライセンシーは、製造するジェネリック医薬品の価格を独自に設定する。ライセンスは、世界保健機関(WHO)がCOVID-19に関する国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態の終了を宣言するまで、またはレムデシビル以外の医薬品やワクチンがCOVID-19の治療や予防のために承認されるまで、いずれか早い方の期間はロイヤリティフリーである。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました