ファイザーはギリアドの新型コロナウイルス薬レムデシビルを製造することに同意

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファイザーは、Gilead Sciences社の抗ウイルス剤レムデシビルを製造・供給することで合意したと、製薬大手のファイザーが金曜日に発表した。

この複数年の契約は、入院しているコロナウイルス患者の一部の回復時間を短縮するのに役立つことが示されている同剤の静脈内供給を拡大するための取り組みを支援するものである、とファイザーは述べている。ファイザーは、カンザス州マクファーソンの施設でこの薬を製造する。

ジョンズ・ホプキンス大学がまとめたデータによると、世界中で1900万人以上に感染し、約7ヶ月間で少なくとも715,163人が死亡したコロナウイルスのためのFDA承認薬はない。

しかし、医師はここ数ヶ月、コビド-19の患者にレムデシビルを使用している。5月、食品医薬品局はレムデシビルに緊急使用許可を与え、病院や医師は、正式に承認されていなくても、入院中のコビド-19患者にレムデシビルを使用することを許可した。

さらに、ジレアド社は、今年末までに200万コース以上の治療薬を生産する計画で、2021年には「数百万コース」の生産が可能になると予想していると述べ、1月以降の供給量を50倍以上に増加させたと付け加えている。同社の製造ネットワークには、北米、欧州、アジアの40社以上の企業が含まれている。

保健福祉省は6月29日、米国の病院向けに9月までに50万コース以上の抗ウイルス薬を供給する契約を発表した。保健福祉省によると、これはジレアド社が7月に予定している生産量の100%、8月と9月に予定している生産量の90%に相当するとのことです。

今回の契約は、ファイザーがコロナウイルスの潜在的なワクチンの生産に向けて努力を続けている中でのことである。先週、同社は約3万人の参加者を含む後期試験を開始したと発表した。

この試験が成功すれば、ファイザーとそのワクチン開発パートナーであるバイオンテック社は、早ければ10月にも最終的な規制当局の審査に向けてワクチンを提出する予定である。2020年末までに最大1億回分、2021年末までに約13億回分を供給する計画だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました