特別号 食品の処理・加工における着色料の変化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Molecules (Impact Factor 4.411)では、特集号を企画している。特集は「食品加工における着色料の変化」である。

想定されるトピックは以下の通りですが、これらに限定されない。

熱処理中および/または熱処理後の原料食品の着色料の変化
非加熱処理による食品の色や色の原因となる化合物への影響
食品マトリックスに添加され、加工された着色料の変化
特別号編集委員
エミリア・ヤニシェフスカ・チュラク博士
ワルシャワ生命科学大学食品科学研究所食品工学・プロセス管理部門(ポーランド、ノウルシノフスカ159番地
興味:カプセル化、フルーツと野菜のジュース、スプレードライ、微粉化

Dr. Malgorzata Nowacka
ワルシャワ生命科学大学食品科学研究所食品工学・プロセス管理部門(ワルシャワ、02-787、ポーランド
興味:超音波やパルス電界などの非熱的技術、浸透脱水、乾燥、新製品の設計、持続可能な食品生産方法

原稿の受付は2021年12月31日まで。

ウェブサイト: https://www.mdpi.com/journal/molecules/special_issues/Colorants_Chemistry

コメント

タイトルとURLをコピーしました