第1回国際シクロデキストリンシンポジウム40周年(1981年9月30日~10月2日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1回国際シクロデキストリンシンポジウムは、József Szejtli教授によってブダペストで開催され、丸い形をしたシクロデキストリンに少し似たホテル(ホテルブダペスト)で行われた(特集画像参照)。その理由については、彼のオープニングスピーチの数行を読まれると分かる。

「まず最初に、私たちがどのようにしてこのシンポジウムを開催することになったのか、簡単に説明しなければなりません。シクロデキストリンが古くから知られていたことは、皆さんもご存知の通りです。フロインデンベルグ、フレンチ、クラマーなどの偉大な科学者たちが、この素晴らしいオリゴ糖のグループの研究に何年もかけて専念し、分子カプセル化の基礎を作り上げました。我々は彼らの肩の上に立っている。彼らの出版物が我々の知識、努力、成功の基礎となっている。….

60年代の終わりには、膨大な量の知識が蓄積され、CD製造の工業的実現、工業規模でのCDの応用が手の届くところにあるように思われた…その頃、CDに関する集中的な研究が日本で始まり、独立してハンガリーでも始まった….”

19カ国から約200名が参加したこのシンポジウムは大成功を収め、シリーズの良いスタートを切れた。現在、2022年にシチリア島のジャルディーニ・ナクソスで開催される第20回目のシンポジウムを楽しみにしている。

参加者の中には、当時すでにサイクロデキストリンの研究で有名だった人や、後に有名になった人もいいる。説明のためにいくつかの名前を挙げておく(ここで言及されていない人の気持ちを傷つけることを目的としていません)。Cramer、Nagai、Horikoshi、Kobayashi、Bender、Saenger、Connors、Frömming、Uekama、Pithaなど。

発表数(口頭発表25件、ポスター発表45件)は近年のシンポジウムに比べると少ないが、テーマは研究と応用の全範囲をカバーしており、共同研究を始めるきっかけとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました