興味深い仮説: CD-sACE2包接化合物でCOVID-19を治療する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)は、SARS-CoVおよびSARS-CoV-2の主な受容体として同定されている。可溶性ACE2(sACE2)は、S-proteinに結合することで、SARS-CoVの感染を抑制することができる。sACE2を用いることで、急性肺障害を効果的に治療し、死亡率を低下させることができる可能性がある。さらに、sACE2は、SARS-CoV-2の感染と、それに続く心臓、腎臓、精巣などのACE2受容体を持つ他の臓器の破壊の治療にも有効である可能性がある。

CDの溶解度向上効果に基づき、CDとsACE2の複合体を形成することで、sACE2の水溶性を効果的に向上させ、薬剤の霧化吸入に必要な条件を満たすことができると推測された。CDとsACE2の複合体を形成することで、sACE2の水溶性が改善され、噴霧吸入などの薬剤投与に適した状態になる。

sACE2をエアロゾル化して肺に直接吸入することで、吸入されたコロナウイルスが肺細胞に感染するのを防ぎ、すでに感染した肺細胞から放出された複製コロナウイルスが健康な肺細胞に感染するのを阻止することができる。また、sACE2を静脈内に注入することで、ACE2受容体を持つ他の臓器へのコロナウイルスの感染や損傷を効果的に防ぐことができる。CD-sACE2包接化合物を用いた点眼薬や点鼻薬は、結膜や鼻腔からのコロナウイルス感染を直接阻止することができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました