速溶性シクロデキストリン/抗生物質ナノファイバーを用いた経口抗生物質送達の研究

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

J. Colloid Interface Sci.は最近、経口送達のための速溶性CD/抗生物質包接複合体(IC)ナノファイバーの開発を報告する論文を発表した。著者らは、水を溶媒として用いたエレクトロスピニングにより、CD/抗生物質複合体から均一なナノファイバーを作製した。抗生物質(ゲンタマイシン、カナマイシン、アンピシリン、クロラムフェニコール)の高負荷はNMRとTGA分析の両方で確認されたが、包接複合体の形成は主にXRD測定で確認され、繊維中の抗生物質の結晶ピークは消失した。

CD/抗生物質ナノファイバーは、その親水性構造のため、人工唾液中に急速に溶解した。この繊維はグラム陰性大腸菌に対して1:0.05モル比という低いモル比でも高い抗菌活性を示し、CDが安定性を維持しながら効率的に抗生物質をその空洞内に宿主させることができることを実証した。これらの水性ナノファイバー材料は、抗生物質の経口送達に使用できる可能性を秘めており、また、非複雑化したCD分子は、他の薬物分子のローディングに使用できる可能性がある。

続きを読む:
F. Topuz, M.E. Kilic, E. Durgun, G. Szekely, Fast-dissolving antibacterial nanofibers of cyclodextrin/antibiotic inclusion complexes for oral drug delivery, J. Colloid Interface Sci., 2021, 585, 184–194.

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました