選択的弛緩剤結合剤Adamgammadex SodiumとSugammadexのRocuronium誘発深部神経筋ブロック解除効果の比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zhao氏らは、全身麻酔下で神経筋遮断薬のロクロニウムを投与され、神経筋遮断の導入と維持を行った35人の患者を対象とした第IIa相単施設無作為化非盲検用量設定試験について報告した。被験者は、アダムガマデクスの5つの用量群(2、4、6、8、10mg kg-1)のいずれかと、スガマデクスの4mg kg-1群に無作為に割り付けられた。薬理効果は、アダムガマデクスまたはスガマデクスの投与開始からTOF(train-of-four)比0.9、0.8、0.7までの回復時間を、異なる用量群間で比較した。有害事象は試験期間中に記録された。
深部神経筋ブロックの解除効果は、4mg kg-1スガマデクスとアダムガマデクスで同じでした。しかし、最低用量である2および4mg kg-1 adamgammadexでは、すべての被験者で十分な逆転効果が得られなかった。
TOF比が0.9、0.8、0.7に回復するまでの時間は、スガマデクス4mg kg-1投与群よりもアダムガマデクス10mgkg-1投与群の方が短かった。アダムガマデクス8および10mg kg-1、スガマデクス4mg kg-1の投与3分後のTOF比の平均値は90%以上であった。アダムガマデクスの使用後に重篤な有害事象はなく、試験から退出しなければならなかった被験者もいなかった。
アダムガマデクスは、ロクロニウムで誘発された深部神経筋ブロックを、用量依存的に、迅速に、予測可能に、かつ忍容性をもって復帰させることができた。アダムガマデクスの用量は6~10mg kg-1であり、有効性を検討する上で推奨される用量であると考えられる。

続きを読む

Zhao Y, Chen S, Huai X, Yu Z, Qi Y, Qing J, Yu W and Su D (2021) Efficiency and Safety of the Selective
Relaxant Binding Agent Adamgammadex Sodium for Reversing Rocuronium-Induced Deep Neuromuscular Block: A Single-Center, Open-Label, Dose-Finding, and Phase IIa Study. Front. Med. 8:697395. doi: 10.3389/fmed.2021.697395

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8424042/pdf/fmed-08-697395.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました