CAVACURMIN®: テトラヒドロクルクミンの代謝バイオアベイラビリティーの向上を示す試験結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Journal of Functional Foods誌に最近掲載された研究によると、クルクミンとシクロデキストリンの複合体であるCAVACURMIN®を摂取すると、テトラヒドロクルクミンの代謝バイオアベイラビリティが向上することがわかった。補給されたクルクミンの大部分は、体内でテトラヒドロクルクミンに変換されれる。この代謝物には、抗炎症作用や抗酸化作用があると言われている。CAVACURMIN®は、クルクミンとテトラヒドロクルクミンの両方のバイオアベイラビリティを明らかに高めた市場で唯一の製品である。

ウコンの活性化合物であるクルクミンは、さまざまな研究で実証されているように、健康的な加齢と関節の健康をサポートする強力な抗酸化物質である。クルクミンは水溶性ではないため、人間の血流には容易に吸収されない。そのバイオアベイラビリティは、γ-シクロデキストリンの助けを借りて大幅に高めることができる。2018年に発表された研究によると、WACKER社のシクロデキストリン複合体CAVACURMIN®のクルクミノイドは、標準的なクルクミンエキスに比べて約40倍も効率的に体内に吸収されることがわかっている(Purpura et al. 2018)。

今回、無作為化二重盲検試験の一環として、テトラヒドロクルクミンの代謝バイオアベイラビリティも、標準的なクルクミン抽出物と比較して、CAVACURMIN®の摂取後に約40倍高くなることが明らかになった(Hundshammer et al. 2021)。

テトラヒドロクルクミンはクルクミンの代謝物で、健康増進に役立つ特性があるとされている。代謝バイオアベイラビリティは、テトラヒドロクルクミンの生体内での生成量とクルクミンの吸収量の比率を示している。長期試験のもう1つの結果は、わずか4週間で、CAVACURMIN®を毎日摂取(1回あたり約340ミリグラムのクルクミン)すると、クルクミンとテトラヒドロクルクミンの血中濃度が常に高くなることである。この効果は12週間後にも測定できる。さらに、この長期試験では、CAVACURMIN®の非常に高い忍容性が確認された。

CAVACURMIN®は、錠剤、カプセル、エナジーバーや機能性飲料などの食品サプリメントに簡単に加工することができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました