CD錯体の食品応用に関するレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビゴ大学の Astray 教授のチームは、CD の食品応用に関する 2 つの重要なレビューの後、最新のレビュー (1, 2, 3) を出版した。2009年に発表された最初の論文「A review on the use of cyclodextrins in foods」は、Researchgate上で約4000回読まれ、700回以上引用されている。

この最近の出版物では、溶解性、安定性、除去/マスキングを含む食品化合物の物理的、化学的、生物学的特性を改善するためのシクロデキストリンの応用を示すさまざまな文献が紹介されている。さらに、サイクロデキストリンの商業的な食品/サプリメント製品の例を示し、サイクロデキストリンが革新的な特性を持つバイオテクノロジー物質を生成し、食品の開発を改善するために使用できることを示している。

  1. G. Astray, C. Gonzalez-Barreiro, J.C. Mejuto, R. Rial-Otero, J. Simal-Gándara,
    A review on the use of cyclodextrins in foods, Food Hydrocolloids, 23, 2009, 1631-1640,
    https://doi.org/10.1016/j.foodhyd.2009.01.001.
  2. G. Astray, J.C. Mejuto, J. Simal-Gandara, Latest developments in the application of cyclodextrin host-guest complexes in beverage technology processes, Food Hydrocolloids, 106, 2020, 105882, https://doi.org/10.1016/j.foodhyd.2020.105882.
  3. Antonio Cid-Samamed, Jaruporn Rakmai, Juan Carlos Mejuto, Jesus Simal-Gandara, Gonzalo Astray, Cyclodextrins inclusion complex: Preparation methods, analytical techniques and food industry applications, Food Chemistry, 384, 2022, 132467, https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2022.132467.

コメント

タイトルとURLをコピーしました