COVID-19患者におけるレムデシビルの使用。皮膚の副作用か疾患の現れか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者らは、ヌクレオシド/ヌクレオチドアナログ治療薬であるレムデシビルの潜在的な皮膚副作用をまとめ、Covid-19という病気の効果について観察されたものと比較した(表1)。

レムデシビル皮膚毒性の認識、診断、治療を複雑にしているのは、発疹の分布、時期、形態を記録したデータが不足していることである。レムデシビルは、アデノシンヌクレオシドアナログである。ヌクレオシド/タイドアナログ(NA)は、生命を脅かすスティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死融解症などの有害な皮膚反応と関連している。皮膚科医は、レムデシビルを投与された患者の潜在的な皮膚毒性に注意する必要がある。

参考文献は原著論文をご覧ください。

K. J. Pulsipher, C. L. Presley, M. D. Szeto, J. D. Waller, R. P. Dellavalle (2021) Remdesivir Use in COVID-19 Patients: Cutaneous Adverse Effect or Disease Manifestation? JDD 20(5), 575. https://jddonline.com/articles/dermatology/S1545961621P0575X

コメント

タイトルとURLをコピーしました