スポンサーリンク

COVID-19薬物研究のための宇宙での最初の実験

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

COVID-19パンデミックは、創薬と開発において新たな喫緊の課題を生み出した。Gilead Sciences Inc.が発明したレムデシビルをベースとした薬剤であるVeklury®は、すでに世界約50カ国で一時的な使用が承認または認可されている。現在、米国では、米国食品医薬品局(FDA)が承認したCOVID-19治療薬としては初めてであり、唯一の治療薬となっている。
 レムデシビルを点滴静注に適用するためには、SBECDと呼ばれる賦形剤シクロデキストリンで製剤化する必要がある。現在、COVID-19治療薬として最も有望な薬剤の一つと考えられているが、ベクルリー®(レムデシビル-SBECD複合体)の顕著な有効性は確認されていない。しかし、最近の臨床試験では、COVID-19で入院した成人患者の回復までの時間を短縮する点で、レムデシビルがプラセボよりも優れていることが報告されている。
 ハンガリーのInnoStudio Inc.とCycloLab Cyclodextrin R&D Laboratory Ltd.は、レムデシビルとSBECDの複合体形成特性に対する微小重力の潜在的な影響を調査する予定。InnoStudioのエグゼクティブプレジデントであるFerenc Darvas博士、本プロジェクトのマネージャーであるGergo Mezohegyi博士、サイクロラボの共同設立者であるLajos Szente博士、製剤開発責任者であるIstvan Puskas博士は、「本プロジェクトの結果は、レムデシビルとSBECDの複合体形成特性に寄与する可能性がある。”本プロジェクトの結果は、レムデシビルとSBECDの製剤化メカニズムの理解を深めることに貢献し、COVID-19の治療において高い薬剤効率を達成するために物理化学的製剤化プロセスを調整することができるようになると期待される。さらに、レムデシビルとSBECDの比率を高める(SBECD摂取量を減らす)ことで、腎機能が低下したコロナウイルス感染症患者への低リスクな適用が期待される。本研究は、微小重力環境の利点と先進的な創薬研究の融合を図るとともに、製薬企業が宇宙研究を通じた開発機会を拡大するための重要な取り組みとなる。
 両社は、日本の有人宇宙システム株式会社(JP)とスペースアプリケーションズサービス(BE)の研究施設を利用し、2020年12月上旬にSpaceXのドラゴン貨物補給ミッション(CRS-21)で国際宇宙ステーション(ISS)の欧州宇宙機関のコロンバスモジュールにレムデシビルのサンプルを打ち上げる予定。
InnoStudioはすでに2019年12月にISSで創薬関連の実験を成功させている。サイクロラボは、SBECDのヨーロッパの大手メーカー。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました