SARS-CoV-2に対し、レムデシビルとイベルメクチンの併用が相乗効果を発揮し、in vitroでの抗ウイルス活性が向上

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年3月16日

SARS-CoV-2に対し、レムデシビルとイベルメクチンの併用が相乗効果を発揮し、in vitroでの抗ウイルス活性が向上

再利用された薬剤を用いた薬物併用療法は、単剤療法に比べて、より高い有効性が得られる可能性、薬剤の治療指数を高める可能性、薬剤耐性の出現を抑制する可能性など、多くの利点がある。また、抗ウイルス剤と免疫調節剤や抗炎症剤との併用も検討に値する。FDAで承認されている2つの薬剤、レムデシビルとイベルメクチンのin vitroでの相乗効果により、COVID-19の原因病原体であるSARS-CoV-2に対する抗ウイルス活性が増強された。この結果は、この組み合わせの臨床的可能性をさらに検討するとともに、そのメカニズムを明らかにする必要がある。

レムデシビルは、ウイルスのRNA依存性であるRNAポリメラーゼを阻害するC-アデノシンヌクレオシドアナログのプロドラッグで、可溶化剤としてスルホブチルエーテルβシクロデキストリン(SBECD)を用いて製剤化されている。イベルメクチンはFDA(米国食品医薬品局)が承認している抗寄生虫薬です。

SARS-CoV-2に感染したVERO E6細胞を用いて,両薬剤のSARS-CoV-2細胞障害活性の阻害率(%)の用量効果関係を調べた。その結果,イベルメクチンのEC50は2.3±1.0µM,レムデシビルのEC50は1.9±1.4µMであった。これらの値は,両薬剤に関する最近の研究で報告された値とほぼ一致した。その後,アイソボログラム解析を用いてIVMとDVの併用による相互作用を調べたところ,FICI<0.5であり,相乗的な相互作用があることがわかった(図1)。

Jeffreys et al. (2020) Remdesivir-Ivermectin combination displays synergistic interaction with improved in
vitro antiviral activity against SARS-CoV-2. bioRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.12.23.424232

コメント

タイトルとURLをコピーしました