Covidー19と急性腎不全を呈した68歳男性 マサチューセッツ総合病院の症例記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本症例報告では、急性腎障害を有するこの患者の治療における困難さについて論じている。

急性腎障害-前頭前蒼白症から急性尿細管壊死まで-は、経口摂取不良、敗血症、およびサイトカインストームのために、Covid-19患者で発症することがある。SARS-CoV-2の想定される受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)がヒトの腎臓で発現しているため、腎臓はウイルスの直接の標的である可能性がある。いくつかの研究では、ウイルスRNAは尿中に回収されている。

残念ながら、重症急性腎障害患者の多くは、レムデシビルが腎で排泄されることや、レムデシビルの製剤に使用されているスルホブチルエーテル-β-シクロデキストリン担体の蓄積が懸念されるため、レムデシビルの臨床試験を受ける資格がないか、または参加を中止せざるを得ない状況にある。このように、Covid-19と急性または慢性腎臓病患者におけるレムデシビルの思いやりのある使用に関連した転帰の報告が急務となっている。

ファビピラビルは重度の腎不全患者では研究されておらず、これらの患者はファビピラビルの現在の臨床試験から除外されている。

ヒドロキシクロロキンは急性腎障害患者には用量調整なしで使用できるが、クリアランスの15~25%を腎排泄が占めることから、血中濃度が上昇する可能性が高い。本剤の投与を受けている急性腎障害患者では、急性腎障害患者に現れる電解質異常が心不全性不整脈のリスクを高める可能性があるので、QT延長の監視を行う。

Read the whole case report here: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcpc2002418

コメント

タイトルとURLをコピーしました