ナノテクノロジーに基づく抗ウイルス治療薬

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナノテクノロジーは、従来の抗ウイルス薬の限界に対処し、効果的な方法でウイルス性疾患に対処する能力のために、最も有望な技術の一つとして浮上してきた。最近の論文では、ナノテクノロジーに基づく抗ウイルス薬の開発の概要が述べられている[1]。

論文の最初の部分では、インフルエンザ、エボラ、HIV、ヘルペス、ジカ、デング、コロナウイルスのいくつかの重要なタンパク質と、宿主細胞への侵入と複製に重要な宿主細胞のタンパク質に焦点を当てている。これは、抗ウイルス薬のデリバリー基剤として機能している様々なタイプのナノ材料が続いています。それは、様々な脂質ベース、ポリマーベース、脂質-ポリマーハイブリッドベース、カーボンベース、無機金属ベース、表面修飾、および刺激に敏感なナノ材料と、抗ウイルス治療薬におけるそれらのアプリケーションを含む。著者らはまた、ナノトラップ、ナノロボット、ナノバブル、ナノファイバー、ナノダイヤモンド、ナノワクチン、将来に向けた数学的モデリングのような新しい有望な治療アプローチにもスポットを当てている。この論文は、現在進行中のCOVID-19のパンデミックを考慮して、ナノテクノロジーに基づくアプローチの最近の動向を更新している。

サブチャプターでは、サカナビルやアシクロビルなどの抗ウイルス薬の送達に使用されるシクロデキストリンベースのナノシステムをレビューしている。

1 Chakravarty, M., Vora, A. Nanotechnology-based antiviral therapeutics. Drug Deliv. and Transl. Res. (2020). https://doi.org/10.1007/s13346-020-00818-0

コメント

タイトルとURLをコピーしました