シクロデキストリンの様々な可能性による炎症の管理

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

炎症は、様々な病態や刺激に対する通常の生物学的反応の一つである。炎症に関連する疾患の発生率が増加するにつれ、炎症もまた増加しており、この分野では、様々なシナリオで炎症反応を制御し解決するための薬理学的な方法、すなわち、薬物だけでなく生理活性化合物にも大きな注目が集まっている。この問題では、シクロデキストリン(CD)が貢献する可能性がある。分子を複合化、安定化、送達する能力があり、それ自体の活性も含めて、治療法を改善できるようだ。このような背景から、Francesco Trotta博士(イタリア、トリノ)とJosé Manuel López Nicolás博士(スペイン、ムルシア)のチームは、炎症治療におけるCDの基礎、薬剤、展望についてのレビューを作成した[1]。

まず、炎症疾患(原因、症状、治療…)について簡単に説明している。この部分は、生物学的経路の理解を促進するために、炎症の専門家と共同で作成した。次に、様々なCDを単独で、あるいは薬物や生理活性化合物と包接体を形成した場合の効果について説明している。目の炎症を治療するためのHPγ-CDとジクロフェナクの組み合わせや、レスベラトロールやカルバクロールなどの生物活性化合物の例をレビューしている。

驚くべきことに、このレビューでは、炎症に対して薬剤がCDと複合体を形成することによるコンビナトリアル効果の可能性が示されており、他の先進的なアプリケーションの新たな領域が速やかに生まれることが期待される。

[1] Lucia Appleton, S., Navarro-Orcajada, S., Martínez-Navarro, F. J., Caldera, F., López-Nicolás, J. M., Trotta, F., & Matencio, A. (2021). Cyclodextrins as Anti-inflammatory Agents: Basis, Drugs and Perspectives. Biomolecules, 11(9), 1384.

コメント

タイトルとURLをコピーしました