特集 食品の生物活性化合物。化学的な挑戦と可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年、優れた機能性を持つ栄養食品や健康食品へのニーズが高まっている。このような中、生物活性化合物は経済的に利用可能であるが、品質や機能性には限界があるため、様々な食品系で利用されている。

本特集は、このような背景のもと、食品の生理活性物質の抽出、特性評価、追跡、認証などを目的として開発された最新の化学戦略のコレクションを提供することを目的としている。生物活性化合物の抽出(例えば、グリーンケミストリー)のための革新的な技術を扱うオリジナルの研究論文を歓迎する。さらに、最新の分析法を議論する際には、これらの活性成分の構造的特徴づけと同定が必要である。さらに、食品の生理活性化合物の生理活性や作用機序の解明、薬剤としての応用に向けた挑戦的な特性など、理論的な側面にも注目する。また、この分野の最新動向を概観するレビュー記事も大歓迎である。

編集委員

スマウイ・スリム博士
スファクス・バイオテクノロジーセンター微生物・生体物質研究所(Route Sidi Mansour km 6 B.P. 117, Sfax 3018, Tunisia
興味のある分野: 酸化防止剤, クロマトグラフィー, 質量分析, 食品化学, 食品加工, 機能性食品

続きを読む: https://www.mdpi.com/journal/molecules/special_issues/BioFood

コメント

タイトルとURLをコピーしました