食品および薬学におけるシクロデキストリンベースのポリマーの歴史:レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シクロデキストリン部分をより大きな構造体に組み込むことで、架橋ネットワーク、官能化された鎖、両親媒性シクロデキストリン、ポリロタキサン、ナノコンポジットの5種類の新素材が生まれる。本レビューでは、共有結合で結合したシクロデキストリンを調製するための架橋とグラフト化、および食品や医薬品分野での応用について、歴史的な観点から紹介する。食品科学では、ジュースの脱脂、アロマの保持、包装からの防腐剤の放出などの用途がある。バイオメディカルサイエンスでは、シクロデキストリンポリマーは、古典的にはドラッグリリースに応用され、最近では遺伝子導入や再生医療にも応用されている。

これらの材料の歴史の中で注目すべき点は次の通り。
1) エピクロロヒドリンとジイソシアネートは1960年代から架橋剤として広く使用されてきたが、この20年間でより複雑なシクロデキストリンポリマー構造が設計されてきた。
2) シクロデキストリンポリマーの進化は、複雑さ、機能性、能力の点で、高分子材料の進化と一致している。
3) 食品分野での吸着剤としてのシクロデキストリンポリマーの使用が最初であったが、現在ではスマートパッケージングが注目を集めている。

食品・医薬品業界におけるシクロデキストリンポリマーの用途

Max Petitjean, Iñigo X. García‑Zubiri, José Ramón Isasi (2021) History of cyclodextrin‑based polymers in food and pharmacy: a review. Environmental Chemistry Letters
https://doi.org/10.1007/s10311-021-01244-5

コメント

タイトルとURLをコピーしました