スポンサーリンク

HPBCDはヤンセンのCOVID-19ワクチン候補に含まれるユニークな成分

CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤンセンのアデノウイルスプラットフォーム賦形剤の新規単回投与Covid-19ワクチン候補の中で、一風変わった化合物に気づくかもしれない。ヒドロキシプロピルベタデックス(HPBCD)である。ヤンセンは、2019年6月までHPBCDの医薬品としての独占使用権を米国で保有しており、このシクロデキストリンを、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)スパイクタンパク質をコードするように構築された組換え型複製不能アデノウイルス26型(Ad26)ベクターで構成される一価ワクチン(最初にコード化されたAd26.COV2.S – 現在は単に「ヤンセン Covid-19ワクチン」と呼ばれています)に組み込んでいる。その他の賦形剤としては、塩化ナトリウム、クエン酸一水和物、ポリソルベート80、水酸化ナトリウムなどが挙げられる[1]。

ヤンセン社のCovid-19ワクチンにHPBCDを使用した目的は公開されていないが(関連特許出願は未公開)、このCovid-19ワクチンは同社のAdVac®ワクチンプラットフォームをベースに開発されたとされている。このプラットフォームは、ヤンセン社の欧州委員会承認のエボラワクチン(Zabdeno、Mvabea)の開発・製造や、Zika、RSV、HIVの治験薬ワクチン候補の構築にも使用されている。ただし、市販のザブデノとムバベアにはHPBCDは含まれていない。

ヤンセンのHIVワクチン候補の特許出願(WO2017216288)では、HPBCDの使用が言及されているが、残念ながらその機能は十分に正当化されていない。”組換えアデノウイルスに適した別の製剤バッファーは、10-25mMクエン酸緩衝液pH5.9-6.2、4-6%(w/w)ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HBCD)、70-100mM NaCl、0.018-0.035%(w/w)ポリソルベート80、および任意で0.3-0.45%(w/w)エタノールで構成されている。” しかし、HPBCDは効果的なタンパク質安定化剤として作用し、凝集や容器壁への吸着を阻害することが予想される。

本剤の承認決定は、EUでは3月中旬(条件付販売承認)、米国では2月下旬(緊急時使用承認)を予定している。

[1] Mariana C. Castells and Elizabeth J. Phillips: The New England Journal of Medicine 2021; 384: 643-9.

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました